住み替えるならコンパクトな賃貸の一戸建てリンクハウス。定年後アクティブシニアや独身女性、シングルマザーにも

土地活用で平屋の高齢者住宅―空室率を下げるための差別化プランとは

  • HOME »
  • 土地活用で平屋の高齢者住宅―空室率を下げるための差別化プランとは

土地活用で平屋の高齢者住宅入居率アップ

全国の空家率は13.1% 都道府県では山梨県がトップ

土地活用で平屋の高齢者住宅プラン空き家率のデータ平成20年の総住宅数は、平成15年からの5年間で370万戸(6.9%)増えています。一方で空家数も97万戸増加。これは14.6%増えているということになります。(※以下、データはすべて総務省統計局による)
都道府県別に見ると、山梨県がトップの20.1%。5軒に1軒は空き家という、かなり高い数字です。空家率の高いランキングは以下になります。

ワースト ランキング(=空家率が高い)

1位 山梨県 20.1%
2位 長野県 19.0%
3位 和歌山県 17.9%
4位 高知県 16.5%
5位 香川県 16.0%

全国の都道府県をグラフで見ていると、以下のようになります。
土地活用で平屋の高齢者住宅の入居率総務省空家率データ
土地活用で平屋の高齢者住宅の入居率総務省空家率データ

 

ちなみに空家率の低い、つまり入居率が高い県のランキングは

空家率の低い都道府県(=入居率が高い)

1位 沖縄県 10.2%
2位 神奈川県 10.5%
3位 埼玉県 10.6%

高齢者向けの賃貸住宅経営で入居率を上げるために

土地活用で平屋の高齢者一戸建てで入居率アップ

総務省の統計では、一人暮らしの高齢者の世帯が過去最高を記録しました。これからは、賃貸でも単身高齢者向けの住宅の需要が高まることが予想されます。

一方で、賃貸住宅を経営するにしても、空家率が上がり続ける中、他の賃貸住宅との差別化が必要です。

土地活用で平屋の高齢者住宅空き室データ
ですが差別化とはいっても、選択肢は限られています。統計上、高齢者向けの設備がある住宅の割合が増えていることからも分かるように、「一般的な高齢者向けの住宅」は市場にあふれているともいえます。
その他、サービス付き高齢者住宅や有料老人ホームも数多くある中、それらとは一線を画すような高齢者向けの賃貸住宅プラン、が入居率を上げる鍵になるといえます。

「近所付き合い・交流」をメインにした一戸建ての賃貸住宅で土地活用を

リンクハウスはシニアや独身女性向けのコンパクト戸建て 弊社が企画・提案しているシニア向け賃貸住宅「アルチェ」は、自立した高齢者が1人で、もしくは夫婦2人暮らす一戸建てです。
左の図のように、おのおのが独立した一戸建てに暮らすのでプライバシーは守られつつも、中庭で住人同士でコミュニケーションがとりやすい形になっています。
1~2人暮らし向きのコンパクトな一軒家で、敷地にはオートロックのついたゲートがあるのでセキュリティも守られます。
土地活用の一環として、他にはない高齢者向けの賃貸住宅を建てたいという方は、ぜひアルチェも検討していただければ幸いです。

>>実際のクチコミ・感想はこちらから

>>シニア向け一戸建て住宅「アルチェ」の詳細プラン

>>最近人気の「コンセプト型賃貸住宅」とは

土地活用をお考えのオーナー様や、三世帯住宅を建てたい方 TEL 03-5998-8516 受付時間 9:30~18:30

PAGETOP