住み替えるならコンパクトな賃貸の一戸建てリンクハウス。定年後アクティブシニアや独身女性、シングルマザーにも

近所付き合いを始めるきっかけ「最初の一言」

  • HOME »
  • 近所付き合いを始めるきっかけ「最初の一言」

マンションの共有スペースやコミュニティルームって使ったことがない、いかにもみたいな集まりが苦手、自然なきっかけがあれば……
近所付き合いをしない人の中には、きっかけがつかめないだけという人も多いといいます。最初の一言って何を話せばいいのか。 そんな悩む方のために、いくつかのコツをご紹介します。

近所付き合いを始めるきっかけは?「最初の一言」具体例

かわいいですね。3歳くらいですか

近所付き合いの会話が苦手な人でもできるコツPOINT
子どもを連れた母親に話しかけるケース。だいたいの年齢の検討をつけたら、少しそれより上の年齢で聞いてみることがおすすめです。「あ、2歳なんですか。しっかりしているから3歳かと思いました」などと返すと喜ばれることが多いでしょう。難しいようなら、シンプルに「何歳ですか」と聞いてみましょう。
また、話しかけるときにまず最初に「かわいいですね」とほめると相手も構えないのでおすすめ。

NG例

×「男の子ですか?」
性別がどちらかわからない場合、「男の子ですか」と尋ねて女の子だと、母親が傷つくケースがあるので注意。
性別を知りたいときはとりあえず「女の子ですか」と聞いた方が無難。もしそれで男の子だったとしても「すごくきれいな顔だから女の子かと思いました」とフォローしておけばOK。

× 子どもを連れていない時の母親に聞く
いつも子どもといる姿を見かけている母親が、一人で出かけているときに子どものことを聞くのはNG。相手が自分のことを知っているとは限らないからです。「なぜ私に子どもがいることを知っているのだろう」と警戒されてしまいます。

×「ミルク?母乳?」
年配の人がよく発しがちな質問だが、嫌がる母親が多いのでこの質問は避けたほうがいいでしょう。

お花きれいですね

会話が苦手な人でも近所付き合いができるコツPOINT
ガーデニングをしている人は庭などの外に出ているときが多いのでチャンス。通りかかったときにさりげなく声をかけてみましょう。自分もガーデニングをしているという方は、「私は〇〇を植えているんですけどうまくいかなくって…」などと一言加えることで、相手も心を開きやすくなるでしょう。
また、ガーデニングをしたことのない人でも「いい匂い。何の花ですか」と質問することで、会話が続きやすくなるのでおすすめです。

NG例

× こうして植えるといいですよ
ガーデニング経験が長い人は、初対面なのにいきなりアドバイスをしがちです。「この花は毛虫がつきやすいから…」と知識を披露したり、マイナスの発言をしたり、本人は親切に教えてあげているつもりでも、相手はそれを望んでいないこともあります。親しくなって相手から相談されて初めて、アドバイスをしてあげるとよいでしょう。

× 相手の謙遜を真に受ける
ガーデニングなどをしている人に話しかけたとき、例えば相手が「すぐに草がぼうぼうに生えちゃって大変なの」と言ったとします。その時に「本当ですね」などと肯定の意味にとられるような相槌を打たないように気をつけましょう。

大丈夫ですか?

POINT

例えば近所の人が重そうな荷物をたくさん抱えているとき、小雨が降っているのに傘を持っていないとき、自転車が倒れていて困っているとき、相手が気分が悪そうなときなど、状況に応じて声をかけましょう。話すきっかけができると共に、気遣う姿勢を見せることで好印象をもたれやすいでしょう。「手伝いましょうか」と手助けを申し出るとさらによいでしょう。

NG例

×泣きわめいている子どもの母親に声をかける
子どもがぎゃんぎゃん泣いているときの母親に「大丈夫ですか?」と声をかけると、「うるさい」というクレームだと勘違いされることも。子どもがぐずっているときの母親は神経質になっていますので、刺激するような言葉かけは避けたほうがいいでしょう。

かわいいワンちゃんですね

会話が苦手な人のための近所付き合いのコツPOINT
犬を散歩させている人に声をかけるケースです。犬、というと嫌がる人もいるかもしれませんので気をつけましょう。「ワンちゃん」という言い方に抵抗があるならば「かわいいですね」と声をかけるだけでもいいでしょう。

NG例

× いきなりさわろうとする
ペットの中にも人懐っこくない性格や、人を警戒する犬もいます。また飼い主も見知らぬ人にペットをさわられるのを嫌がる人もいます。もしなでたい時は「さわってもいいですか」「どこをなでたらいいですか」と一言確認してからにしましょう。

× オスですか、メスですか
愛犬家の中には、ペットを自分の子どものようにかわいがっている人もいます。ストレートな「オス」「メス」という言い方は避けたほうが無難です。「女の子ですか」と尋ねるようにしましょう。

缶って今日で合っていましたよね?

会話が苦手な人のための近所付き合いのコツPOINT
ゴミ出しの時、ゴミ捨て場で会ったら尋ねてみるのもアリです。「すみませんゴミの分別に自信がなくて…」と謙虚に言えば、親切な人は教えてくれ、そこから会話に発展するかもしれません。

すみません。昨日友人たちが来ていたんですが、うるさくありませんでしたか?

POINT
一戸建てや小規模なアパートで使える一言です。自宅に人が来て少しにぎやかだった日の翌日に、下の階の人や隣の一戸建ての人に「昨日うるさくありませんでしたか」と声をかけることで、「気遣いができる人だな」と相手の印象もよくなります。

NG例
大規模なマンションで他の人に「昨日うるさくありませんでしたか」と声をかけても、相手は自分のことを知っているのか分かりません。「この人誰?何階の人?だっけ」と戸惑わせてしまうことも。
また、本当に大騒ぎして確実に近所に迷惑をかけたという実感がある場合は、疑問形ではなくもっと真剣に「すみませんでした」と頭を下げたほうがいいでしょう。

家の前のゴミを拾う、 雪かきをする

今年の2月は都内でも大雪が降りました。雪かきでアパートの住人同士が協力したり、といったシーンも多く見られたと思います。
皆で協力して一つの作業をすることで、一気に距離も縮まりますし連帯感もわきます。親しくなるチャンスといえるでしょう。

>>「ああ近所付き合いをしていてよかった!」と思った瞬間

近所付き合いのできる家に住みたいと思ったら

会話の苦手な人でも近所付き合いができるコツアクティブシニア向けのアルチェでは、各々が趣味などを楽しみながら生活しつつも、ゆるやかにつながり合うような関係性を意識した住まいになっています。

共有スペースで将棋をしたり、食べ物のおすそわけ、一緒に雪かきをする、など、地域の住民同士が交流するように、入居者同士で快適な関係を作りたいと思っている方にぴったりです。


会話の苦手な人でも近所付き合いができるコツフィゴーナでは、一人ひとりのプライベートを大事にできるような空間を目指しています。

仕事などの人間関係から離れて、一人でほっと一息つきたいとき。誰にも干渉されず、自分のお城である一戸建ての家で、ゆっくりとくつろいでいただけたらと思っています。


会話の苦手な人でも近所付き合いができるコツ
シングルマザーとそのお子様が住むマードレは、入居者同士が子育ての悩みを打ち明けたり、ちょっとの間だけ子どもを預かったりなど、お互い助け合えるような環境です。
いつも一人きりの子育てに奮闘しているお母さんたちの味方です。

 

もちろん上はあくまでも目安であり、 例えばアルチェでもお一人でゆっくりと過ごしたい方や、フィゴーナでも仲良くなって深い付き合いをしたりなど、入居者同士の関係を、自由に築き上げていただけたらと思います。


手嶋照沙(てしまてれさ)執筆者  手嶋 照沙(てしまてれさ)

インターステーション 一級建築士事務所。インテリアコーディネーター。
京都大学卒業後、出版社に勤務。のち、建築設計事務所へ転職。
独身女性専用の一戸建て「Figona(フィゴーナ)」を企画し、NHKの情報番組や、ラジオ番組などに出演。雑誌「住まいとでんき」にフィゴーナの記事を執筆。

土地活用をお考えのオーナー様や、三世帯住宅を建てたい方 TEL 03-5998-8516 受付時間 9:30~18:30

PAGETOP